口臭治療

■口臭とは?
自分の口のにおいを気にする人が意外に多いですが、ある程度の口臭は、誰にでもあります。

実際にはほとんど口臭がないのに、必要以上に神経質になってブレスケアのようなケア用品をしょっちゅう使ったり、口が臭いことを気にしすぎて人と話すことがこわくなってしまう方もいるようです。

口臭にはいくつもの原因があります。原因が一つだけのことがあれば、いくつもの原因が関係している場合もあります。実際に口臭がない人は、ブレスケアを使う必要もありませんし、人と話すことをこわがる必要もありません。反対に、口臭がある人は、原因をきちんと取り除かないと、いつまでも治りません。

口臭が気になっても、どこの科にかかればいいのか分からず、長い間一人で悩んでいる方もいらっしゃるようです。意外に思われるかもしれませんが、歯科医院でも口臭治療をしているところがあります。当院でも、口臭治療を行なっています。

■口臭の原因
口臭には、大きく下の4つの原因があります。

1.口の中の汚れ…口の中の食べ物のカスが腐敗したにおいや、プラーク(歯垢)・歯石のにおい、香りが強い食べ物、くさい食べ物のにおいなどが原因の口臭
2.口の中の病気…むし歯や歯周病、舌苔が原因の口臭
3.内臓の病気…呼吸系の疾患や、消化器系の疾患が原因の口臭
4.ドライマウス…口の中が乾燥していることが原因の口臭。口呼吸や自律神経機能の低下、薬の影響、老化の影響、食べ物をかまない等の原因が考えられます。

あなたの口臭の原因が何かを見極めて適切な治療をすることで、口臭を治すことができます。お気軽にご相談ください。

■口臭原因 健康に悪影響 「歯周病」「がん」の引き金
口のにおいに悩む人は多いです。程度の差はありますが、口臭は年齢や性別、病気の有無にかかわらず、誰にでも起こりえます。最大の発生源は舌の表面に付着する「舌苔」と呼ばれる汚れです。もともと口の中には、300とも400種ともいわれるほど細菌が住んでいる。その一部は、たんぱく質を分解する際、硫化水素やメチルメルカプタンといった口臭の原因となる「揮発性硫黄化合物(VSC)を作り出す。VSCの一つである硫化水素は火山ガスにも含まれる有毒な気体で、卵の腐ったような匂いがする。今流行の自殺の手段でもある。0.3ppmでも不眠やむかつきが現れる。口臭として出るのは1ppm以上で、悪影響がでないわけがない。

VSCはバリヤーを破壊した上に、歯周病を発生させる化学反応を起こす。また、遺伝子を傷つけてがんの引き金になる活性酸素をふやすことや、硫化水素がDNAを直接損傷することなど、口臭物質の悪影響がわかってきた。

■口臭測定 
当院ではオーラルクロマという口臭測定器を使って口臭の検査をさせていただきます。

硫化水素(舌の汚れ、口腔内の汚れに関係)
メチルメルカプタン(歯周病、虫歯に関係する)
ジメチルサルファイド(内臓の臭いや服用薬に関係)

上記の3種類のガスの発生パターンを分析して何が原因かを見極めます。

 口臭測定器 オーラルクロマ         
オーラルクロマ