歯科用CT

CTとは、Computed Tomographyの略です。
通常、歯科で使用されているレントゲンが2次元撮影(平面撮影)であるのに対して、CTは3次元(立体的)撮影可能なため複雑な形態をしている部分に対 して、非常に有効な情報が得られます。また、歯科用CTは従来の医科用CTと異なりより繊細な口腔内の状態を正確に診断でき、X線の被爆量も非常に少な く、患者さまにとって安心できる「人に優しいCT」です。
インプラント治療や歯周病などの早期発見、根尖病巣、顎関節、埋伏歯など、歯科医の領域から口腔外科医の領域まで、診断の適応範囲が広くわかり、患者さまの症状を的確に早期診断できます。

今までは 保険適用外で有りましたが
難治性の根尖性歯周炎、根分岐部病変を有する中等度以上の歯周炎、下顎管と接触しているおそれがある下顎智歯の抜歯、顎骨嚢胞、変形性額関節症、下顎頸部骨折。エナメル上皮腫、骨種、集合性歯牙種、骨浸潤を伴う悪性腫瘍等の治療を行う上で必要があってのCT撮影は 保険が利くようになりました。